ワンピース  マリンフォード編
01 ナレーション ”偉大なる航路”(グランドライン)海軍本部。世界各地より召集された名のある海兵達、総勢約10万人の精鋭が、にじり寄る決戦の刻を待っている。
三日月形の湾頭及び島全体を50隻の軍艦が取り囲み、湾岸には無数の重砲が立ち並ぶ。
港から見える軍隊の、その最前列に構えるのは、戦局のカギを握る5名の曲者達、海賊”王下七武海”。
そして広場の最後尾に高くそびえる処刑台には、事件の中心人物”白ひげ海賊団”二番隊隊長、ポートガス・D・エースが運命の刻を待つ。
その眼下で処刑台を堅く守るのは、海軍本部”最高戦力”3人の「海軍大将」、赤犬、黄猿、青雉である。
今考え得る限りの正義の力が、エース奪還を阻止する為、”白ひげ海賊団”を待ち構える。
センゴク元帥が手枷足枷で地面へと跪くエースの傍らへと歩み寄り眼下に向け声を発した。
仏のセンゴク 諸君らに話しておく事がある。ポートガス・D・エース・・・この男が今日ここで死ぬ事の大きな意味についてだ・・・!
エース、お前の父親の名を言ってみろ!
火拳のエース ・・・俺の親父は”白ひげ”だ!
仏のセンゴク 違う!
火拳のエース 違わねぇ!!白ひげだけだ!!他にはいねぇ!!
仏のセンゴク ・・・当時 我々は目を皿にして探したのだ。ある島に、ある男の子供がいるかも知れない、微かな情報と、その可能性だけを頼りに。生まれたての子供、生まれてくる子供、そして母親達を隈なく調べたが見つからない。
・・・それもそのはず・・・お前の出生には、母親が命を懸けた母の意地ともいえるトリックがあったのだ・・・!それは我々の目を・・・いや・・・世界の目を欺いた!
”南の海”にバテリラという島がある、母の名はポートガス・D・ルージュ。女は我々の頭にある常識を遙かに超えて、子を想う一心で実に20ヵ月もの間、子を腹に宿していたのだ!・・・そしてお前を生むと同時に力尽き果て・・・その場で命を落とした。
父親の死から1年3ヶ月を経て・・・世界最大の悪の血を引いて生まれてきた子供・・・それがお前だ。
知らんわけではあるまい・・・!お前の父親は!!”海賊王”ゴールド・ロジャーだ!!!
・・・2年前か・・・お前が母親の名を名乗り・・・「スペード海賊団」の船長として、卓抜した力と速度でこの海を駆け上がっていった時・・・我々じゃようやく気づいたのだ・・・ロジャーの血が絶えていなかった事に!・・・だが我々と時を同じくしてそれに気づいた”白ひげ”は、お前を次の”海賊王”に育て上げるべく、かつてのライバルの息子を自分の船に乗せた・・・!
火拳のエース 違う!!俺がオヤジを”海賊王”にする為にあの船に・・・
仏のセンゴク そう思ってるのはお前だけだ。現に我々が迂闊に手を出せなくなった。お前は”白ヒゲ”に守られていたんだ!・・・そして放置すれば必ず海賊次時代の頂点に立つ資質を発揮し始める!だからこそ今日ここでお前の首を取る事には大きな意味がある!たとえ”白ひげ”との全面戦争になろうともだ!!
ナレーション 伝令兵より、海賊出現の報告が入った。
10 仏のセンゴク 来たか!全員戦闘態勢!突如現れるとは、一体どこから!?”白ひげ”はどこだ!?確認を!
ナレーション 霧の彼方より、海賊大艦隊が姿を現した。”遊騎士ドーマ”、”雷卿マクガイ”、”ディカルバン兄弟”、”大渦蜘蛛スクアード”・・・!錚々たる面々・・・!いずれも”新世界”に名の轟く船長ばかりである!総勢43隻!”白ひげ”と隊長達の姿はない。しかし間違いなく”白ひげ”の傘下の海賊達である!
火拳のエース ・・・お前らまで・・・!
仏のセンゴク 攻撃は待て!”白ひげ”は必ず近くにいる!何かを狙ってる筈だ!海上に目を配れ!
ドフラミンゴ フッフッフッフッフッフッ!こりゃ面しれぇ・・・ゾクゾクしてきたぜ!早く出てこい”白ひげ”!!
仏のセンゴク !まさか・・・!
ナレーション 湾内海底より泡が吹き上がった。次の瞬間、”白ひげ”の船である、”モビーディック号”が海底より出現した!!次いで3隻の白ひげ海賊団の船!14人の隊長の姿も見える!
仏のセンゴク ・・・そうだったのか、あいつら全船・・・!コーティング船で海底を進んでいたのか・・・!”白ひげ”・・・!
ナレーション 船内より巨躯なる男がゆっくりと階段を上り、甲板へと降り立った。片手に巨大な薙刀を携えしその男の名は”白ひげ”世界最強の海賊である!
白ひげ グララララ・・・何十年ぶりだ?センゴク。・・・俺の愛する息子は無事なんだろうな・・・!グラララララ・・・!ちょっと待ってな・・・エース!
20 火拳のエース オヤジィ!!
ナレーション "白ひげ"は力を籠めた両拳を左右に振り広げた!次の瞬間、大気にヒビが入り、海面が爆発と共に巨大な海振となった!
火拳のエース ・・・オヤジ・・・みんな・・・俺はみんなの忠告を無視して飛び出したのに・・・何で見捨ててくれなかったんだよぉ!俺の身勝手でこうなっちまったのに・・・!
白ひげ いや・・・俺は行けと言ったはずだぜ息子よ。
エース !?・・・嘘つけ・・・!バカ言ってんじゃねぇよ!あんたがあの時止めたのに俺は・・・。
白ひげ 俺は行けと言った・・・そうだろマルコ。
不死鳥マルコ ああ、俺も聞いてたよい。とんだ苦労かけちまったなぁエース。この海じゃ誰でもしってるはずだ。俺達の仲間に手を出せば、一体どうなるかって事くらいなぁ!!
仏のセンゴク 勢力で上回ろうが勝ちとタカをくくるなよ!最後を迎えるのは我々かも知れんのだ・・・あの男は、世界を滅ぼす力を持っているんだ!!
ナレーション 攻め入るは、「白ひげ」率いる新世界47隻の海賊艦隊。迎え撃つは、政府の二大勢力「海軍本部」「王家七武海」。誰が勝ち、誰が敗けても、時代が変わる!!
先ほどの海振が大津波となって島全体を飲み込もうとしていた!
ドフラミンゴ ”グラグラの実”の「地震人間」”白ひげ”エドワード・ニューゲート!なんて力だ!まさに伝説の怪物!!フッフッフッ! 
30 ナレーション 騒然となる海軍の中に不釣り合いなる高らかな笑い声をあげる王家七武海の一人、ドンキホーテ・ドフラミンゴの横を神速で通り抜けるは海軍大将 青雉。青雉は己が技、”氷河時代”(アイスエイジ)を放ち、大津波を瞬時に氷河へと変える。
白ひげ 青キジィ・・・!若造が・・・!
ナレーション 湾内の海は全て凍りつき、動くこと叶わぬ海賊船へむけ、海軍の砲弾が放たれた!だが、”白ひげ”配下の海賊達は臆することなく、氷の足場に飛び降り総攻撃を開始する。
仏のセンゴク ・・・とうとう・・・始まったな・・・。
ドフラミンゴ フフフッ、なんだ、やんのかお前・・・。
ナレーション 王家七武海の一人、世界最強の剣士 ジュラキュール・ミホークが静かに剣を鞘から抜いた。世界一の斬撃が氷河を切り裂き”白ひげ”に迫る!ミホークの表情が変わった。斬撃が”白ひげ”の前で止まったのだ。そこには3番隊隊長、”ダイヤモンド・ジョズの姿があった!ジョズはその名の通り体をダイヤモンドのごとく強固とし、世界一の斬撃を止めたのである!
続いて光と共に、海軍大将、黄猿が空中に現れ、無数の閃光を”白ひげ”に向け放った!
白ひげ おいおい・・・眩しいじゃねえか・・・。
ナレーション またしても攻撃は”白ひげ”の前で防がれた。青い焔を纏いしその男は、”動物系”(ゾオン系)「幻獣種」、いかなる攻撃を受けても炎と共に再生する能力者、1番隊隊長、不死鳥マルコである!
不死鳥マルコ いきなりキングは取れねぇだろうがよい。
ナレーション 14人の隊長を先頭に突き進む海賊達を防ぐ為、海軍巨人部隊が前に出る。白ひげ海賊団2番隊隊長 ダイヤモンド・ジョズが動いた、無尽蔵の力で巨大な氷塊を巨人部隊に向け放ったのだ!上空より迫りくる氷塊になずすべなく立ち尽くす巨人部隊の真上を、海軍大将 赤犬の放った技”大噴火”が掠めた。巨大な氷塊は跡形もなく蒸発し、火山弾となり降り注ぐ!その様を見て人々は呟く、「まるでこの世の終わりを見るようだ・・・」と。
40 白ひげ 派手に点火しやがって・・・誕生ケーキにでも灯してやがれ、マグマ小僧。
赤犬 フフフ・・・派手な葬式は嫌いか”白ひげ”。
ナレーション 激戦は続く!血飛沫舞う戦場の中で王家七武海の一人、ドンキホーテ・ドフラミンゴは13番隊隊長 水牛アトモスと対しながら高らかに語った。
ドフラミンゴ フッフッフッフッフッ!疼いて来るぜ。面白れぇ!フッフッフッフッフッ!たまらねえ!フッフッフッ!何がおかしいかって?この!時代の真ん中にいる感じさ!・・・フッフッフッ!今この場所こそ中立だ!海賊が悪!?海軍が正義!?そんなものはいくらでも塗り替えられて来た・・・!
平和を知らねぇガキどもと戦争を知らねぇガキどもの価値観は違う!頂点に立つものが善悪を塗り替える!今この場所こそが中立だ!正義は勝って!?そりゃそうだろ・・・勝者だけが正義だ!!
ナレーション その時!突然空から落ちてきた一隻の軍艦から、麦わら帽子の少年が顔を出した。
麦わらのルフィ ハア・・・ハア・・・!いた!
火拳のエース ルフィ!!
麦わらのルフィ エース〜〜!!やっと会えたぁ!!
不死鳥マルコ あれはエースの言ってた弟じゃねぇかよい。
ドフラミンゴ 噂の大問題ルーキー・・・麦ワラか・・・!
50 赤犬 あいつがそうか・・・英雄ガープの孫にして・・・ドラゴンの息子・・・あいつも確実に消しとかにゃいけんのう。
ナレーション 隙を縫って背後から”白ひげ”に刃が迫る!ルフィの蹴りが刃を一蹴した!
不死鳥マルコ なかなかやるよい、エースの弟。
白ひげ ・・・小僧、その麦わら帽子・・・赤髪が昔被ってやつによく似てるな・・・。
麦わらのルフィ おっさんシャンクス知ってんのか!これ預かってんだシャンクスから。
白ひげ 兄貴を助けにきたのか?
麦わらのルフィ そうだ!
白ひげ 相手が誰だかわかってんだろうな、おめぇごときじゃ命はねえぞ。
麦わらのルフィ うるせえ!お前がそんな事決めんな!俺は知ってんだぞ、お前 海賊王になりてぇんだろ!”海賊王”になるのは俺だ!
白ひげ ・・・クソ生意気な・・・
【ニヤリとしつつ】
足引っ張りやがったら承知しねぇぞハナッタレ!
60 麦わらのルフィ 俺は俺のやりてぇようにやる!エースは俺が助ける!エースの処刑時間が早まるって言ってたんだ!今すぐ助けねえと!
白ひげ エースの処刑時間が早まる!?確かにそう言ったのか!?
麦わらのルフィ なんかの準備ができてからって言ってたけど他は暗号でよくわかんなかった。エースを助けてぇのは同じだからそれだけ教えといてやる!
白ひげ そうか・・・それは大事な事を聞いた、すまねぇな・・・。
麦わらのルフィ いいんだ、気にすんな!エース今行くぞ!だああああああ!
ナレーション ルフィはモビーディック号を飛び降りエースめがけ真っ直ぐに走っていく。
白ひげ 海賊相手に処刑時間を守る必要はねぇってわけか。何かの準備の後ってのがカギだな・・・。
不死鳥マルコ オヤジ!海兵達に入った通信で、エースの処刑を早めるって情報が・・・!
白ひげ ああ聞いた・・・だが冷静になれ、そうやって漏れた情報で俺達が焦る事も計画の内だ。うっかり作戦を聞かれるなんてヘマ・・・あいつはやらねぇ・・・そういう男だ!
ナレーション 海軍の猛攻を掻い潜り、傷つきながらルフィはエース目指し進み続ける。その姿をみて、エースは思わず叫んだ。
70 火拳のエース 来るな!ルフィ〜〜!!わかってるハズだぞ!俺もお前も海賊なんだ!思うままの海へ進んだハズだ!俺には俺の冒険がある!俺には俺の仲間がいる!お前に立ち入られる筋合いはねぇ!お前みてぇな弱虫が!俺を助けに来るなんて、それを俺が許すとでも思ってんのか!?こんな屈辱はねぇ!帰れよルフィ!何故来たんだ!!
火拳のエース
(心の声)
頼むルフィ・・・お前まで道連れにならねぇでくれ・・・!これは俺の失態なんだ・・・!
麦わらのルフィ 俺は弟だ!!!
火拳のエース !!!
麦わらのルフィ 海賊のルールなんて俺は知らねェ!!
火拳のエース わからず屋が・・・。
仏のセンゴク 何をしてる!たかだかルーキー一人に戦況を左右されるな!その男もまた未来の有害因子!幼い頃エースと共に育った義兄弟であり、その血筋は”革命家ドラゴン”の実の息子だ!
ナレーション ”革命家ドラゴン”の息子!衝撃の事実が戦場を駆け巡る。
名乗りをあげた巨人将校がルフィに襲い掛かる。ルフィは攻撃を交わしつつ左腕に力を籠め一撃を放った!
麦わらのルフィ ゴムゴムのぉ〜!ギガント・ライフル!!
ナレーション 巨人将校を一蹴しルフィは叫んだ。
80 麦わらのルフィ 好きなだけ何とでも言えぇ!俺は死んでも助けるぞぉお!!
白ひげ 【ニヤリとしつつ】
マルコ・・・アレを死なすんじゃねぇぞ・・・。
不死鳥マルコ 【ニヤリとしつつ】
了解
ナレーション エースは暫し目を瞑り、そして決意の元に目を開いた。
火拳のエース ・・・もうどんな未来も受け入れる。差し延べられた手は掴む・・・!俺を裁く白刃も受け入れる・・・もうジタバタしねぇ。みんなに悪い。
白ひげ スクアードはいるか?
不死鳥マルコ さっきまでいたんですがね、離れちまったようで。
白ひげ じゃあディカルバン兄弟、俺の指示に従い全海賊団の指揮をとれ!
仏のセンゴク 海賊団が左右へそれたな・・・いい読みだ、勘づいたな”白ひげ”・・・つまらん誘導にも乗らんか・・・少々ヤボだったかな・・・だが勘を働かせて防げるものじゃない・・・!
ナレーション 刻々と迫る処刑時間を前に、次々と明らかになった衝撃の事実。目の前に映し出されるのは、まるでこの世とは思えぬ光景。世界を塗り替える程のまさに頂上決戦!世界中の人々はただ息を飲み、ここに託された揺れ動く未来を見守る事しかできない。
90 仏のセンゴク ただちに映像通信を切れ!我々に対し世界が不信感を持っては困る。生ぬるい世間には少々刺激が強すぎるだろう・・・これから起きる惨劇を、何も世界へ知らしめる必要などない。
麦わらのルフィ 本当にエースの処刑を早める気だ!エースー!!
仏のセンゴク ・・・数時間後、世界に伝わる情報は、我々の勝利、その2文字だけでいいんだ。
不死鳥マルコ 湾頭横一列に何かいます!・・・すげえ数だよい・・・。
白ひげ アレが噂に聞く・・・「人間兵器」か・・・。
ナレーション 開戦より約一時間半の死闘を経た頃、海軍が大きく仕掛ける。戦争は急速に流れを変え、最終局面へと一気に雪崩込む!
不死鳥マルコ 噂に聞いてたよい、ドクター・ペガバンクが「人間兵器」を開発中で色んな事件に度々実験体を送り込んでいると・・・!
仏のセンゴク 湾内に追い詰めて取り囲む作戦は読まれたが、左右は崩れても縦に挟み撃つ事はできる!予定通り傘下の海賊達から狙え!包囲枠から外れた者達から始末せよ!
ナレーション 「人間兵器」の痛烈なる攻撃が近辺の海軍をも巻き込みながら海賊達を蹴散らしていく。
白ひげ 己らの犠牲も厭わんのか・・・!後方の敵に構うな野郎共ぉ!一気に広場に攻め込むぞぉーっ!!
100 仏のセンゴク 全隊直ちに氷上を離れろ!海賊達を決して広場に上げるなぁ!!全ての映像が切れた時点で包囲壁を作動!その後すぐにエースの処刑と共に敵を一網打尽にする!!
ナレーション ”白ひげ”の元に、大渦蜘蛛スクアードが近づいてくる。
白ひげ スクアード!無事だったか、さっきてめぇに連絡を。
大渦蜘蛛スクアード ああすいません、オヤッさん。後方 傘下の海賊団はえらいやられ様だ・・・!
白ひげ 持てる戦力は全てぶつけて来る・・・!後ろから追われるんなら望む所だ、俺も出る!こっちも一気に攻め込むほかにねぇ!
大渦蜘蛛スクアード そうですね。俺達も全員あんたにゃ大恩がある、白ひげ海賊団の為なら命もいらねぇ!
不死鳥マルコ ん?スクアード、あんな所に・・・。
ナレーション その時!マルコは目を疑う瞬間を目の当たりにする!スクアードの鞘から抜かれた長剣が”白ひげ”の体を貫いたのだ!!
不死鳥マルコ オヤジィ〜〜!!!スクアードォ〜!!・・・なぜお前がこんな事!
大渦蜘蛛スクアード うるせぇ!!こうさせたのはお前らじゃねぇかぁ!!
こんな茶番劇やめちまえよ!!”白ひげ”!!もう海軍とは話はついてんだろ!?お前ら”白ひげ海賊団”とエースの命は必ず助かると確約されてんだろ!?
俺達ぁ罠にかけられたんだよぉ!!俺ぁ・・・知らなかったぞ、エースの奴が・・・あのゴールド・ロジャーの息子だったなんて・・・!!
・・・俺がアンタに拾って貰った時・・・!俺は一人だった・・・!なぜだか知ってるよな!?長く共に戦ってきた大切な仲間達をロジャーの手で全滅させられたからだ・・・!!俺がどんだけロジャーを恨んでるか知ってるハズだ!!
・・・だったら一言 言ってくれりゃあよかった・・・!エースはロジャーの息子であんたはエースを次期”海賊王”にしたいと思ってると!
・・・その時すでに俺ぁお前に裏切られてたんだ・・・エースとも仲良くしてた・・・バカにしてやがる!
そしてお前にとって それ程特別なエースが捕まった・・・!
だからお前は俺達傘下の海賊団43人の船長の首を売り!エースの命を買ったんだ!
白ひげ海賊団とエースは助かる!すでにセンゴクと話はついてる!そうだろ!?
そんな事も知らずに、どうだ!?俺達は・・・!エースの為、白ひげの為と命を投げ出しここまでついて来て・・・。
よく見ろよ!海軍の標的になってんのは現に!俺達じゃねぇか!!波の氷に阻まれてすでに逃げ場もねぇ!
・・・一撃刺せただけで奇跡だ・・・もう覚悟はできてる・・・殺せよ!・・・信じたくなかった・・・俺ぁ・・・目を疑ったよ・・・!
110 不死鳥マルコ バカ野郎!担がれやがったなスクアード!なぜオヤジを信じない!!
大渦蜘蛛スクアード てめぇまでしらばっくれやがってマルコォ!!
白ひげ ・・・エースがロジャーの息子だってのは事実・・・”それ”に最も動揺する男を振り回した・・・奴らの作戦が俺達の一枚上をいったんだ。
不死鳥マルコ
(心の声)
避けられた筈なんだよい・・・!今までのオヤジなら・・・!どれだけ不意をつかれても、心を許した仲間の攻撃だろうとも、こんなもん くらうアンタじゃなかった・・・それが問題なんだよい・・・!体調は悪化するばかりだ!!
白ひげ ・・・スクアード・・・おめぇ仮にも親に刃物つき立てるとは・・・とんでもねぇバカ息子だ!
ナレーション ”白ひげ”の手がスクアードに伸びる。
大渦蜘蛛スクアード ウァァ!!・・・!!?
ナレーション ”白ひげ”の手は優しくスクアードを抱きしめた。
白ひげ バカな息子を・・・それでも愛そう・・・。
大渦蜘蛛スクアード ・・・ウグ・・・!?ふざけんな!お前は俺達の命を・・・!
120 白ひげ ・・・忠義心の強ぇお前の真っ直ぐな心さえ・・・闇に引きづり落としたのは・・・一体誰だ。
大渦蜘蛛スクアード ・・・海軍の!反乱因子だ・・・お前を倒せば部下は助かると!
大渦蜘蛛スクアード
(回想シーン)
てめぇの口車に乗ってたまるか!
赤犬
(回想シーン)
・・・そうは言うとれん様になるぜ、嘘じゃぁ思うのならよう見ちょれ、これからの集中攻撃・・・お前ら傘下の者達のみが攻撃される!”白ひげ海賊団”には一切手を出さんけぇのぉ・・・!わしはこの作戦に反対なんじゃ・・・この戦いで討つべきは”白ひげ”!それをみすみす逃がすとは以ての他じゃぁ。わしに協力するならお前らを助けちゃる。
白ひげ 赤犬がそう言ったか・・・。お前がロジャーをどれ程恨んでいるか・・・それは痛い程知ってらぁ・・・。・・・だはスクアード、親の罪を子に晴らすなんて滑稽だ・・・エースがおめぇに何をした・・・!?仲良くやんな・・・エースだけが特別じゃねぇ・・・みんな俺の家族だぜ・・・。
まったく・・・衰えてねぇなあセンゴク・・・!見事にひっかき回してくれやがって・・・俺が息子らの首を売っただと・・・!?
ナレーション 再び”白ひげ”の両拳が固く握られ左右に振り広げられた!次の瞬間、巨大な氷山が砕け散った!
仏のセンゴク ・・・海賊共に・・・退路を与えたか・・・食えん男だ。
白ひげ 海賊なら!信じるものはてめぇで決めろぉ!!俺と共に来る者は、命を捨ててついて来い!!行くぞぉ〜!!!
仏のセンゴク 構えろぉ!!暴れ出すぞ!!世界最強の男がぁ!!!
大渦蜘蛛スクアード 【泣きながら】
俺は何て事を・・・!すまねぇオヤッさん・・・!すまねぇ・・・!・・・エース!畜生ぉ・・・!大好きなオヤッさんを・・・!俺ぁ疑って・・・!
130 不死鳥マルコ スクアード!・・・泣く事が、報いる事かよい・・・!
麦わらのルフィ ・・・!すげぇな あのおっさん、刺されたのにあっ!・・・く!とにかく今はエースだ!
ナレーション ”白ひげ”の前に、海軍随一の巨漢、ジョン・ジャイアントが立ちはだかった。
白ひげ 邪魔だなおい・・・!
ナレーション ”白ひげ”は大気を両手で掴むと掛け声とともに捻じ曲げた!島が海ごと傾き、体制を崩したジョン・ジャイアントは”白ひげ”の一撃で巨体を地面に伏した。
仏のセンゴク 始めろ赤犬・・・!
赤犬 ”流星火山”
仏のセンゴク 氷を溶かして足場を奪え!
作戦はほぼ順調・・・これより速やかに、ポートガス・D・エースの処刑を執行する!
ナレーション ルフィは処刑場に続く穴をみつけ広場へ降り立った。だがそこには海軍大将3名が揃い踏みしていた!
赤犬 堂々としちょるのう・・・ドラゴンの息子・・・!
140 麦わらのルフィ はぁ、はぁ、はぁ・・・!
火拳のエース 無茶だ・・・ルフィ・・・!
麦わらのルフィ エースは返して貰うぞ〜っ!ゴムゴムの・・・!スタンプ連打!!
不死鳥マルコ 今、壁の向こうに飛び込んだのエースの弟だよい!
白ひげ あの無鉄砲さ・・・兄貴にそっくりじゃねぇか・・・!
ジョズ、切り札だ!
全員準備を!広場へ突入するぞ!
ナレーション 大将3名を相手に奮闘するルフィであったが、今のルフィでは力及ばず、今まさに止めをさされようとしていた!
赤犬 悪に死を!
ぬぅっ!
1番隊隊長、マルコか!
不死鳥マルコ エースの弟は殺らせねえよい!
仏のセンゴク なに!?コーティング船がもう1隻浮上しただと!?しまった!ずっと海底に潜んでいたのか!
白ひげ ウチの船が出揃ったと言った憶えはねぇぞ・・・!
150 仏のセンゴク あの速さは!”外輪船”(パドルシップ)か!撃ち沈めろ!
白ひげ もう遅い!!
ナレーション ”外輪船”(パドルシップ)は包囲壁を突き破り、海賊達が広場に雪崩込む!
白ひげ エースを救え〜っ!海軍本部を攻め落とせぇ〜!!
仏のセンゴク ”白ヒゲ”が広場に降りたか!
白ひげ 下がってろよ息子達・・・!ウエアアアアア!!
ナレーション 白ひげの薙刀の一振りで広場の海軍が吹き飛ぶ!
白ひげ 野郎共ぉ!エースを救いだし!海軍を滅ぼせぇえぇぇ!!
ナレーション ”白ひげ”vs赤犬!不死鳥マルコvs黄猿!ダイヤモンド・ジョズvs青雉!
白ひげ海賊団隊長、花剣のビスタが武装色の覇気を放つ!!ブラメンコの巨大ハンマーが砕く!ラクヨウのチェーンハンマーが唸る!ナミュールの牙が喰らいつく!ブレンハイムの巨体が圧倒する!クリエルのバズーカが炸裂する!キングデューのナックルダスターが打ち込まれる!ハルタの剣が舞う!水牛アトモスが二刀を構える!スピード・ジルのランスが貫く!フォッサの刀が炎を纏う!イゾウの短銃が連射される!
全ては友の為に!海賊達は戦う!
火拳のエース ・・・俺は・・・腐ってる・・・!・・・くそ・・・俺は・・・歪んでる!・・・こんな時に、オヤジが・・・弟が・・・!仲間達が・・・!血を流して倒れていくのに・・・!
【涙が溢れる】
俺は嬉しくて・・・!涙が止まらねぇ。今になって命が・・・惜しい!!
160 ナレーション 激戦の最中、運命の時は無情にも訪れた。限界を超えた心臓は、ビキビキと音をたて、歩みを拒み、口からは鮮血を吹き出し、白ヒゲは地面に両膝をついた。
白ひげ ウウッ・・・!クソッタレ・・・!
赤犬 寄る年波は超えられんか・・・!白ひげぇ!
不死鳥マルコ
(心の声)
一番恐れてた事が・・・!
ナレーション 一瞬の隙をつき、黄猿の閃光がマルコを貫き、青雉の氷がジョズの体を凍らせていく!
崩れていく”白ひげ海賊団”の力を呼び戻すかのようにルフィは咆哮をあげ、エース目指し一直線に走り出す!!
麦わらのルフィ ウオオオオオオオオオオ!!!
火拳のエース ・・・ルフィ・・。
仏のセンゴク グズグズするな!全員で”白ひげ”の首を取れぇ〜!
ナレーション 動きの止まった”白ひげ”に無数の銃弾が命中する!
不死鳥マルコ オヤジぃ!
170 白ひげ 来るな!
こいつらぁ・・・これしきで・・・ハァ・・・ハァ・・・俺を殺せると思ってやがる・・・助けなんざいらねぇよ・・・ハァ・・・ハァ・・・。
【目を見開き!】
俺ぁ”白ひげ”だぁあ!!!
ナレーション ”白ひげ”の渾身の一撃が海軍を吹き飛ばす!
白ひげ ・・・俺が死ぬ事・・・それが何を意味するか・・・俺ぁ知ってる・・・!
・・・だったら おめぇ・・・息子達の明るい未来を見届けねぇと、なぁ エース。
仏のセンゴク 未来が見たけりゃ今すぐに見せてやるぞ”白ひげ”!・・・やれ!!!
不死鳥マルコ エース!
白ひげ 無駄だ、それを俺が止められねぇとでも・・・ゴフ!
仏のセンゴク 見ろ”白ひげ”ぇ!!
白ひげ
(心の声)
しまった・・・!
麦わらのルフィ やめろぉ〜〜〜!!!
ナレーション ルフィの絶叫と共に広場に衝撃が走った!!今、エースに向けて振り下ろさんとされていた刃は、その持ち主ごと床に伏し、広場のものたちもバタバタと倒れていく!
180 仏のセンゴク 白ヒゲや赤髪と同じ”覇王色”の覇気!!
白ひげ
(心の声)
あの小僧・・・!
不死鳥マルコ あいつが やったのかよい・・・!?
赤犬 どうやら今のは・・・無意識じゃのう・・・。
火拳のエース お前も・・・。
仏のセンゴク 気の弱い者は下がれ!ただのルーキーだと思うな!革命家ドラゴンの息子だ・・・当然といえば当然の資質・・・!奴をこの戦いから逃がすなよ!逃がせばいずれ必ず強大な敵となる!
白ヒゲ 麦わらのルフィを全力で援護しろぉ!!
不死鳥マルコ エースの弟を!?
白ひげ
(心の声)
やってみろ小僧・・・!お前も”Dの意志”を継ぐ者ならば、この時代の先を俺に見せてみろ!!
麦わらのルフィ 今 助けるぞぉ〜!!
190 ナレーション ルフィの元に”白ひげ海賊団”の精鋭が集った!
不死鳥マルコ 急げ!エースの弟!今海軍の戦力はオヤジに向いてる!この機を逃すと大将は超えられない!一点突破だ!俺達と来い!!
ナレーション 強的たちを退けながら、ルフィ達は公開処刑が行われる広場まで辿り着いた!
麦わらのルフィ 来たぞ〜〜〜!!エース〜〜〜!!
不死鳥マルコ 行け麦わらぁ!!
ナレーション ルフィは大きく、大きくジャンプし処刑台に飛び乗った!
麦わらのルフィ 鍵あるんだ待ってろ!!
火拳のエース ルフィ お前!!
仏のセンゴク 待て!私が逃がすと思うなぁ!!
ナレーション 仏のセンゴクが能力を発動する!みるみるうちにセンゴクの体が巨大化していく!
200 仏のセンゴク 私の手で処刑する!!
ナレーション センゴクの拳が振り下ろされ、処刑台もろとも粉々に砕け爆発した!
巻き上がる爆炎の中に炎のトンネルが見えた!
火拳のエース お前は昔からそうさ、ルフィ!俺の言う事もろくに聞かねえで無茶ばかりしやがって!
ナレーション 炎のトンネルの中からルフィを抱えたエースが現れた!!!
麦わらのルフィ 【半ベソをかきながら】
エース〜!!!
不死鳥のマルコ エース!
火拳のエース 気ぃ抜くなルフィ!
ルフィ おう!
火拳のエース ”火柱”
仏のセンゴク 強いぞ気をつけろ!
210 火拳のエース 戦えるかルフィ!!
麦わらのルフィ 勿論だ!!
ハァ・・・!ハァ・・・!
仏のセンゴク 火拳のエースは「自然系」(ロギア)だぞ!絶対に逃がすな!
火拳のエース お前に助けられる日が来るとは夢にも思わなかった、ありがとうルフィ。
麦わらのルフィ ししししっ!白ヒゲの おっさん達が助けてくれたからな!
仏のセンゴク 助かった気になるなぁ!ここがお前達の処刑場だ!
ナレーション 海軍の放つ銃弾を、ゴムゴムの体で弾き返した刹那、剣の刃がルフィに迫る!次の瞬間、エースの火が刃を溶かしていた。
火拳のエース 【余裕な言い回しで】
弟なんだよ、手出し無用で頼む。”火拳”!!
不死鳥マルコ ふふ!何て気の合い様だよい。
仏のセンゴク ”火拳”と”麦わら”を処刑しろぉ〜!
220 火拳のエース 強くなったなルフィ!
麦わらのルフィ いつかエースを超えてみせるさ!
ナレーション 海軍大将 青雉が現れ二人に迫る!
麦わらのルフィ わ!あいつ!
火拳のエース じゃあ まだ今は俺が守ろう、さがれルフィ。
ナレーション 青雉の必殺技”暴雉嘴”(フェザントベック)が放たれる!
火拳のエース ”鏡火炎”(きょうかえん)!!
仏のセンゴク ・・・!何という失態だ、俺がいながら!
ドフラミンゴ フッフッフッフッ!逃がしてやれよ、その方が今後面白ぇ。
仏のセンゴク バカを言え!
230 赤犬 慌てるな、ここから出しゃあせんわい。
大渦蜘蛛スクアード オヤジ!みんな逃げてくれぇ!この戦場 俺達が請け負ったぁ!
不死鳥マルコ スクアード!
仏のセンゴク 大渦蜘蛛海賊団か!
白ひげ あの野郎共・・・。
不死鳥マルコ バカな真似やめろスクアード!てめぇ死ぬ気かよい!
大渦蜘蛛スクアード ・・・そりゃそうさ、俺はオヤジにそれだけの事をした。たとえ償いにならなくても・・・!こうでもしなきゃ俺の気が収まらねェ!エースを連れてみんな逃げろぉ!
白ヒゲ バカ野郎!!
大渦蜘蛛スクアード !オヤジ!
白ヒゲ 子が親より先に死ぬなんて事がどれ程の親不孝か・・・てめぇにゃわからねぇのかスクアード!
つけ上がるなよ、お前の一刺しで揺らぐ俺の命じゃねぇ・・・!誰にでも寿命ってもんがあらぁ・・・。
ここでの目的は果たした・・・この場所にもう用はねぇ!・・・ゲホ・・・!
今から伝えるのは・・・!最後の船長命令だ・・・!!よぉく聞け・・・白ひげ海賊団!!
240 火拳のエース オヤジ・・・!!
白ひげ お前らと俺はここで別れる!!全員!!必ず生きて!!無事 新世界へ帰還しろ!!
大渦蜘蛛スクアード オ・・・オヤジィ!?ここで死ぬ気か!?
白ひげ 俺ぁ時代の残党だ・・・!新時代に俺の乗り込む船はねぇ・・・!
行けぇ!!!野郎共ぉ〜〜!!
ナレーション 白ひげの拳が唸り、マリンフォード全体が激しく揺れる!
大渦蜘蛛スクアード いやだオヤジィ〜!!
不死鳥マルコ 船長命令だ!・・・行くんだよ!!
麦わらのルフィ おっさん!
火拳のエース オヤジ・・・!
白ヒゲ
(心の声)
振り返るな、時代は変わる!
250 仏のセンゴク ・・・白ひげ。
白ひげ 随分 長く旅をした・・・決着(ケリ)をつけようぜ・・・海軍!
仏のセンゴク エースに気づかう事もなくなった今・・・奴は本気で このマリンフォードを海に沈めるつもりだ!己の命と一緒にな・・・!
麦わらのルフィ エース!行こう!おっさんの覚悟が・・・!
火拳のエース ・・・わかってる!無駄にぁしねぇ!
お前らどけぇ!!
ナレーション エースは白ひげに群がる海軍を”火拳”で一掃すると、白ひげに向かって敬意を込めて土下座の姿勢をとった。
白ひげ ・・・言葉はいらねぇぞ・・・一つ聞かせろエース・・・。
・・・俺が親父(オヤジ)で よかったか・・・?
火拳のエース 勿論だ・・・!!!
白ひげ グララララ・・・!
ナレーション エース達は白ひげの命令の元、後ろ髪を引かれる思いを噛み締めつつ戦場を退避していく。
逃がしてなるものかと海軍大将 赤犬を先頭に追撃部隊が迫る!
260 赤犬 本気で逃げられると思うちょるんか・・・!めでたいのう。エースを解放して即退散とは、とんだ腰抜けじゃのう白ひげ海賊団。船長が船長・・・それも仕方ねぇか・・・!
”白ひげ”は所詮・・・先の時代の”敗北者”じゃけぇ・・・!
ナレーション 赤犬の言葉がエースの足を止めた。
麦わらのルフィ エース!
火拳のエース 敗北者・・・?取り消せよ・・・!今の言葉・・・!
ルフィ エース!?
火拳のエース あいつオヤジをバカにしやがった・・・。
麦わらのルフィ エース!!
赤犬 お前の本当の父親ロジャーに阻まれ、王になれず終いの永遠の敗北者が!”白ひげ”じゃぁ。どこに間違いがある・・・!
オヤジ オヤジとゴロツキ共に慕われて・・・家族まがいの茶番劇で海にのさばり・・・
火拳のエース やめろ!
赤犬 ・・・何十年もの間、海に君臨するも王にはなれず・・・何も得ず・・・!終いにゃあ口車に乗った息子という名のバカに刺され・・・!それを守る為に死ぬ!実に空虚な人生じゃあありゃあせんか?
270 火拳のエース やめろ・・・!
赤犬 ”白ひげ”は敗北者として死ぬ!!ゴミ山の大将にゃあ誂え向きじゃろうが!
火拳のエース ”白ひげ”はこの時代を作った大海賊だ!!
火拳のエース
(心の声)
俺を救ってくれた人をバカにすんじゃねぇ!!
火拳のエース この時代の名が!!”白ひげ”だぁ!!!
ナレーション エースの火拳が赤犬めがけ放たれる!しかし赤犬の拳がエースを弾き返した!
火拳のエース うわぁあ!!
麦わらのルフィ エース!
赤犬 ”自然系”(ロギア)じゃいうて油断しちょりゃあせんか?お前はただの”火”わしは”火”を焼き尽くす”マグマ”じゃ!ワシと貴様の能力は完全に上下関係にある!
”海賊王”ロジャー、”革命家”ドラゴン!この二人の息子達が義兄弟とは恐れ入ったわい・・・!貴様らの血筋はすでに”大罪”だ!誰を取り逃がそうが、貴様ら兄弟だけは絶対に逃がさん!!
よう見ちょれ・・・。
火拳のエース ・・・おい!待て!ルフィ!!!
280 ナレーション 赤犬のマグマの拳がルフィを襲う!限界を超えたルフィの体は膠着して動かない!爆音が轟き、マグマの蒸気がはれた先にルフィが見たものは、我が身を盾として弟ルフィを守る、兄エースの姿であった!赤犬の拳はエースの体を貫いていた!!
麦わらのルフィ
火拳のエース ガフッ!!
赤犬 まだ息はありそうじゃのう・・・。
麦わらのルフィ やめろぉ〜!!
ナレーション 隊長達が赤犬の前に立ちはだかる!だが赤犬のマグマが全ての攻撃を焼き尽くしていく!エースに迫る赤犬に、華剣のビスタと不死鳥マルコが襲い掛かる!
赤犬 く・・・!ア〜うっとおしいのぉ・・・!覇気使いか・・・”火拳”はもう手遅れじゃとわからんのか。
不死鳥マルコ 何て事に・・・!
火拳のエース ・・・ごめんなぁ・・・ルフィ・・・。
麦わらのルフィ !エース!・・・急いで・・・手当て・・・!
290 火拳のエース ちゃんと助けて貰えなくてよ・・・ハァ・・・すまなかった・・・!
麦わらのルフィ 何言ってんだバカな事言うな!誰か手当てしてくれ!エースを助けてくれぇ!
火拳のエース 無駄だ!!・・・ハァ・・・自分の命の終わりくらいわかる・・・!内臓を焼かれたんだ・・・ぜぇ・・・もうもたねぇ・・・だから・・・聞けよルフィ・・・!
麦わらのルフィ ・・・何言ってんだ・・・エース死ぬのか?・・・い・・・約束したじゃねぇかよ!お前絶対死なねぇって・・・!言ったじゃなぇかよぉエースゥ〜!
火拳のエース ・・・そうだな・・・サボの件と・・・お前みてぇな世話のやける弟がいなきゃ、俺は生きようとも・・・思わなかった・・・。
誰もそれを望まねぇんだ仕方ねぇ・・・!
・・・そうだ お前、いつか・・・ダダンに会ったら・・・よろしく言っといてくれよ・・・何だか・・・死ぬとわかったら・・・あんな奴でも懐かしい・・・。
心残りは・・・一つある・・・お前の・・・夢の果てを見れねぇ事だ・・・ハァ・・・だけどお前なら、必ずやれる・・・!俺の弟だ・・・!
・・・昔・・・誓い合った通り・・・俺の人生には・・・悔いはない!
麦わらのルフィ ・・・嘘だ!嘘つけ!
火拳のエース ハァ・・・ハァ・・・嘘じゃねぇ・・・!俺が本当に欲しかったものは・・・どうやら名声なんかじゃなかったんだ・・・俺は”生まれてきてもよかったのか”欲しかったのは・・・その答えだった。
・・・ハァ・・・もう・・・大声も出ねぇ。
・・・ルフィ、俺がこれから言う言葉を・・・お前 後からみんなに伝えてくれ。
・・・!・・・オヤジ・・・!!・・・みんな・・・!!そしてルフィ・・・今日まで、こんなどうしようもねぇ俺を・・・鬼の血を引くこの俺を・・・!
愛してくれて・・・ありがとう!!!
ナレーション 火拳のエースの炎が・・・消えた。
ルフィは声にならない絶叫を放ち、気を失った。
赤犬 次こそお前じゃぁ”麦わら”!
不死鳥マルコ こいつの命はやらねぇ!!エースの弟を連れてけよい!ジョズ!
その命こそ・・・!生けるエースの意思だ!エースに代わって俺達が必ず守り抜く!もし死なせたら”白ひげ海賊団”の恥と思え!
300 赤犬 兄弟二人共逃がさんと言うたハズじゃ・・・!ん?
ナレーション 白ひげ怒りの拳が赤犬を叩きのめす!
赤犬 ぐうウッ!ゲホ。
不死鳥マルコ オヤジが怒ってる!みんなここから離れろぉ!
赤犬 く・・・!”冥狗”(めいごう)
ナレーション 赤犬の必殺技が”白ひげ”の顔を左半分消し炭へと変えた!
不死鳥マルコ オヤジっ!!
ナレーション それを意に介する事もなく、”白ひげ”渾身の一撃が赤犬を吹き飛ばす!
赤犬 ゲホッ!おんどれぇ・・・”白ひげ”ェエ!!
ナレーション ”白ひげ”渾身の一撃は地を真っ二つに切り裂き、海賊と海軍とを大きく隔てた。
310 仏のセンゴク 顔半分失って・・・!まだこんな力を・・・!
白ひげ 【苦しいながらもニヤリと笑って】
まだまだ!!
ティーチ ゼハハハハハ!
仏のセンゴク ・・・!貴様らが!・・・一体どうやってここに!?
ドフラミンゴ フッフッフッフッフッフッフッ!最高だ、こりゃすげぇのが出て来やがった!
白ひげ てめぇ・・・。
仏のセンゴク 黒ひげ海賊団!
ティーチ ゼハハハハハハ!久しいな!・・・死に目に会えそうでよかったぜオヤジィ!
白ひげ ティーチ・・・!!
ティーチ 海賊団として政府に敵視されてちゃあ世界最凶の囚人たちの巣窟、インペルダウン潜入は不可能、”七武海”に名乗りを上げたのはただそれだけの為だ・・・! 称号はもういらねぇ!みろよ黒ひげ海賊団新メンバー!海賊「巨大戦艦サンファン・ウルフ」!「悪政王アバロ・ピサロ」!「大酒のバスコ・ショット」!「若月(みかづき)狩りカタリーナ・デボン」!そして!インペルダウンの「雨のシリュウ」看守長!
320 仏のセンゴク !そいつらの解放が目的だったのか!
ティーチ ゼハハハハ、そうとも、初めからそれだけだ、そしてこれが全て!今にわかる。
白ひげ ティ〜チィ〜〜!!
ナレーション ”白ひげ”がティーチに襲い掛かる!
ティーチ おわ!!・・・!容赦ねぇな・・・!あるわけねぇか!
白ひげ ・・・てめぇだけは息子とは呼べねぇな!ティーチ!俺の船のたった一つの鉄のルールを破り・・・お前は仲間を殺した!
手ぇ出すんじゃねぇぞマルコ!4番隊隊長サッチの無念!このバカの命を取って俺がケジメをつける!
ティーチ ゼハハハハハ、望むところだ・・・!
”闇穴道”(ブラックホール)!!
サッチも死んだが・・・エースも死んだなぁ!オヤジ!
俺はあんたを心より尊敬し・・・憧れてたが・・・!アンタは老いた!処刑されゆく部下一人救えねぇ程にな!バナロ島じゃ俺は殺さずにおいてやったのによぉ!
おっとっと無駄だぜ!俺の前では”能力”は全て無駄!
”闇水”(くろうず)!!ゼハハハ!どうだもう地震は起こせねぇ!
ナレーション ”白ひげ”の薙刀が唸った!
ティーチ !!!オ・・・ゴワァアア!!ハアアアアアッ!痛ェエ!!畜生ォ・・・。
白ひげ 過信・・・軽率・・・お前の弱点だ・・・。
330 ナレーション ”白ひげ”の手がティーチを掴みあげる。
ティーチ い・・え!?オイやべろ!ぎゃあ〜やべろォ!オヤディ!俺は息子だど本気で殺スン・・・ああああああ!!!
ナレーション ”白ひげ”の一撃がティーチに炸裂する!
ティーチ !!!・・・ア・・・あ・・・!!この・・・”怪物”・・・がぁ!!死に損ないのクセに!!・・・黙って死にやがらねエ!やっちまえぇ!!!
ナレーション 黒ひげ海賊団が一斉に”白ひげ”めがけ発砲する。
ティーチ ゼハハハハハ!やれぇ!!ハチの巣にしろぉ!!・・・んあっ弾切れだ・・・。
白ひげ お前じゃねぇんだ・・・。
ティーチ !!・・・まだ生きてんのかよ!!
白ひげ ロジャーが待ってる男は・・・少なくともティーチ、お前じゃねぇ・・・。ロジャーの意思を継ぐ者達がいるように、いずれエースの意思を継ぐ者も現れる・・・”血縁”を絶てど、あいつらの炎が消える事はねぇ・・・。・・・そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた・・・。そして未来・・・いつの日か、その数百年分の歴史を全て背負って、この世界に戦いを挑む者が現れる・・・!
センゴク・・・お前達 世界政府は・・・いつか来る・・・その世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”を恐れている!!
興味はねぇが・・・あの宝を誰かが見つけた時・・・世界はひっくり返るのさ・・・!
誰かが見つけ出す、その日は必ず来る・・・”ワンピース”は実在する!!!
仏のセンゴク !!!貴様っ!!!
340 白ひげ
(心の声)
・・・許せ息子たち・・・とんでもねぇバカを残しちまった・・・俺はここまでだ。
お前達には全てを貰った。感謝している、さらばだ息子達・・・!
ティーチ ・・・し・・・死んでやがる・・・立ったまま!!
ナレーション ”白ひげ”死す!!!死してなお その体屈する事なく・・・頭部半分を失うも、敵を薙ぎ倒すその姿、まさに”怪物”。この戦闘によって受けた刀傷、実に二百六十と七太刀、受けた銃弾百と五十二発。・・・その誇り高き後ろ姿には・・・あるいはその海賊人生に・・・一切の”逃げ傷”なし!
瞬く間に世界に広がる大ニュース。”白ひげ海賊団”ロジャーの息子エース救出失敗、そして船長”白ひげ”の死。
末々に語られるこの歴史的大事件をその目にした者達は・・・今はただ声を呑むだけ。
享年七十二歳、かつてこの海で”海賊王”と渡り合った男・・・!白ひげ海賊団船長”大海賊”エドワード・ニューゲート 通称”白ひげ”
マリンフォード湾岸にて勃発した 白ひげ海賊艦隊VS海軍本部 王下七武海 連合軍による 頂上決戦にて 死亡。